プロに任せることは確実な方法

もし、借金がご自身では解決できないほどの金額になっているのでしたら、そのままにしておかず、出来る限り早い段階で、司法書士や弁護士に相談する、という方法をとることをおすすめいたします。
そのまま放置してしまうと、債務の金利上の不利益を受けることになりますし、クレジットカードや銀行の融資であれば、金融機関で共有されている情報で事故記録として残されてしまい、今後融資を受ける段階で不利益になる、という結果になってしまうことがあります。そのような状況は決して望ましいことではありませんので、出来る限り早い段階でプロに任せて問題を解消されるようにすることが望ましいといえます。
債務関係については、ご自身では金融機関と交渉できない、という場合もあるでしょう。そのときには、プロの行政書士や弁護士に対応してもらうほうが確実ですし、債務関係について、迅速に対応をすることができるようになります。
ぜひ、問題があるのでしたら、出来る限り早く、債務整理をできるようにされておく、ということをおすすめいたします。放置することなく、借金については解決するための方針、ということを出来る限り早めに取り組むことがポイントとなります。